それぞれの立場で

更新日:2020年3月19日

連日、

新型肺炎のニュースが目立つ中

東京に住む弟より連絡がはいりました。

弟は内閣府という国の行政機関に

勤めています。


鳥取の新型肺炎の影響

そして、フリーランスである

ワタシの心配、母の事を心配して

の連絡でした。


国や国外を舞台に働く弟の方が

余程心配なのですが

やはり時間差出勤とテレワークが

中心で、問題ないよ、との話。


しかし、国の特定の機関は

昼夜問わずの状態らしく


『 内閣官房、厚生労働省

文科省、経済産業省は中小企業対策で、

かなり忙しくしてるね 』


と、話してくれました。


毎日、国会中継を観る度に

弟の事を思うワタシです。


中小、国、地方に関わらず

みんながそれぞれの立場で

今できる事を必死にやっている。


私たちも、できる事を直向きに

やるだけですね。


弟は、フリーランスの為に用意された補償制度をどんどん活用してほしいとも話してくれました。


そういったことには疎いワタシですが、大切な事ですね。

生きていくために。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【さぁ‼️始動‼️】 2022年 来年度に向けて 鳥取県総合芸術文化祭とりアートも動きだしました‼️ 今日は 初めての事業部会オンライン 会議。 とりアートは 来年度で20年目を迎えます。 新生とりアートから 10年の歳月が流れ いよいよ20年目を迎える。 これからのとりアートの 立ち位置も変容の兆しを 迎えています✨ #とりアート #鳥取県 #鳥取県総合芸術文化祭 #とりアート2022 #とりア